スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

COUNTDOWN JAPAN 09/10

 2009年最後のライブは

東京幕張メッセでした

COUNTDOWN JAPANでした

COSMO STAGEでした





昔ふざけて


「カウントダウンジャパン!?行った事ないけど、初めて行くときは出るときだね!!!」


なんて
なめた口をきいてた記憶がうっすらあるんですが

本当になってしまいました、、、、

嬉しい、この上ないです。









「本番前、僕らの楽屋の机はものすごく荒れます」


























-COUNTDOWN JAPAN 幕張メッセ-

サウンドチェック
・Walking The Dog
・Kids Are Alright
・Midnight Icecream


1.Insane Man

2.Beek

3.The 'M' Song

4.おやすみまーくん(仮)

5.マダラ

6.まじないの唄

7.恋をしようよ

8.Run Chicken Run

9.Run Run Run






























今日1日でものすごい体験をしすぎて
心身ともにくたくたです(笑)

ただ、すべてが楽しかったことに間違いはありませんよ
今年最後のライブが幕張メッセなんて、とても贅沢な終わり方で本当に良かったと思います。

16時からのCOSMOステージは最高に楽しかったです。

ライブの後

「よかった!」

と声をかけてくださったお客さんにも感謝です。










それと、私事ですけど
亀田誠治さんと、少しだけですが、お話する事が出来ました。
伝えたかった事の半分も伝えられなかったですけど、嬉しい時間でした。

またどこかでお会いできたら、それはそれは嬉しい事ですわ。


やる気がでたなー
本当に。










という事で
OKAMOTO'Sの2009年のライブは全て終了しました
明日はお客さんとして幕張をウロウロしたいと思います。
(今日もウロウロしてましたが、、笑)
























ちょっと早いかもですが
みなさん、2010年もOKAMOTO'Sをどうぞよろしくお願いしますね。
(このブログもどうかよろしくです。がんばります 笑)

よいお年を!


続きを読む >>

at 02:30, ハマ・オカモト, ライブ

comments(10), trackbacks(0), pookmark

梅田シャングリラ&RADIO CRAZY

どうもこんばんわ。


っという事で
レコーディング合宿も無事に終了し

12/28 梅田シャングリラ

12/29 インテックス大阪 RADIO CRAZY

出演を果たし、ひとまず東京に戻ってきたOKAMOTO'Sです。



シャングリラでは久しぶりに黒猫チェルシー軍団とも再会し
2月からのツアーよろしく!的な感じでわいわいやってました(ツアーの詳細は追って、、)


この日から「Count 1000 EP」やTシャツ、タオルなんかも発売しだしましたよ!

Count 1000 EPにいたってはその日持っていった分が全部売り切れになりまして
感無量です。ありがとうございました。

買えなかった方、是非次の機会に!!!



そうそう
この日、沢山のお客さんに声をかけて頂いたんですが
演奏の事とか褒めて頂きまして、、、

もう正直に


「めさんこ嬉しい」


って感じです、ありがとうございます。励みになります。
握手とか、こんなきったない手でいいならいくらでもしますわよ。










そして29日!
規格外の大きさ、インテックス大阪(これって韻は踏めているの?)











とにかく楽しみました。
お客さん居すぎで出ていったとき引いてしまいました(笑)


そうそう
OKAMOTO'Sはこの日が初フェスでしたよ

もうとにかく


・大きい

・人多い

・光が凄い


ぐらいしか書けません(笑)




あんな早い時間から皆さんありがとうございました!!

























とにかく疲れをとるために寝ます!
明日はカウントダウンジャパン!!!


at 01:12, ハマ・オカモト, ライブ

comments(6), trackbacks(0), pookmark

京都MUSEとキングコブラ

 どうもです〜

OKAMOTO'Sは

12/12

12/13

と関西地方でライブしてきましたよ。



初日は京都MUSEでの演奏だったんですが
コウキのインフルエンザ問題があったため、久しぶりのライブでしたね

妙な緊張感がずっとありました
固かったです、きっと(笑)


そういえば
この関西ライブから、新曲を1曲お披露目しだしたんですが(東京ではまだやってません)


曲名が

「おやすみまーくん」

と言いまして、曲紹介したときのお客さんの表情がなんとも面白かったですねぇ(笑)

というか、僕らの中で「おやすみまーくん」は仮タイトルだったので
本番でショウが言い出した時にはこっちがビックリしましたわ


「それでいくんですか!?」


という顔をしていたに違いありません。



そうそう
京都MUSEでのライブは

concentrate on poppingのはしぐわしお姉さんと1037はんも来てくださいまして
なんやかんや前回の京都精華大学の時もわざわざ来てくださって

ホント毎回ありがとうございます、といった感じです。
次回はもっと前列の方でヤジってくれたら良いと思います。







そして2日目はキングコブラにて

実は前日の京都MUSEから

JAPAN-狂撃-SPECIAL兄さん達

ASAKUSA JINTA(浅草ジンタ)の皆さんと一緒でして

2日間とも本当に可愛がってもらいましたよ。そりゃぁもう。


ジャパン狂撃のベース
なめんなよーかい兄さんとは楽器の話しで盛り上がりました

よーかい兄さんのプレべ、JVシリアルでして
通りで見た目といい、音といい気になったわけだ!


それと浅草ジンタのベースボーカルの和尚さん!
超奇抜なアップライトベースを鬼のように叩き弾き、そして歌うという、、、

まさに

「度肝抜かれた」

とはこの事ですわ(笑)









JAPAN-狂撃-SPECIAL 「カミカゼロード」 

 








 ASAKUSA JINTA 「Teppen/天辺」  










 和尚さんのコレ、、(笑)





 



























 やはり地方は恐ろしく楽しいです。 見に来てくださった方々、ありがとうございました!

at 20:43, ハマ・オカモト, ライブ

comments(6), trackbacks(0), pookmark

新宿→名古屋 そして閃光ライオットコンピCD

 どうもこんばんわ。


キチンと数え直してみると
OKAMOTO'Sは11月中、計13本のライブをしまして

なかなかの量をこなしたなぁ、と思います。
※でももっともっといけます




そして

「11月締めくくりライブ」はホームである新宿Red Clothでのライブでした。


出演者は


The Saloversから
ボーカルのフル(弾き語り)

関取花

ブライアン新世界

日本マドンナ

OKAMOTO'S(フロントマンがハーフです)



もう8割方閃光ライオットですが、呼んだメンツは間違いない人たちばかりなのでね
久しぶりのちょっとした再会にニヤニヤしていました。




ライブはというと
出演者陣、間違いないですから、全部フロアで見てましたよ。


ユウちゃん(フルね)はバンドで歌っている姿しか見たことがなかったんですが
弾き語りになるとあの声が際立って、また違う世界観ですごく良かった。というか驚いた。

ちょっとしたトラブルがあって僕をステージに上げたくせにすぐに追い払ったので
この借りは今度返します(笑)






関取さんはもうね、、、ね

この日はクレイジーウエストマウンテンの西山先輩とこまっつ先輩が来てくれてたんだけど

「彼女は進化している、、、、」とみんなで驚いてました。

とにかく是非生で聴いてください。関取さんはライブに行かんとわからないです。







んでブライアン若先生

レコーディング以来の再会も、実にクールに

「あ、お疲れさまです」と「ブライアン節」はご健在でした。

相変わらずのエンターテイナー
新曲「オレンジナミダ」は完全に90年代のJ-POP!
鳥肌たっちゃいましたわ、良すぎて。







そして、この日初めましての日本マドンナ

彼女達も文章にする事が難しい、というか失礼にあたる感じの
完全にライブバンドでした。

あえて言えば

MCが素晴らしくよかった

という感じです。最高でした(笑)








肝心の僕らですが
色々とやらせていただいた11月の締めくくりがキチンと出来た
すごく手応えのあるライブになりました

楽しかったです

11/30のお客さんには感謝しないといけないですね
ああいった形で11月が締めくくれてホントに良かった。


-11/30のセットリスト-



1 King Of Indian 

2 Beek

3 新曲

-MC-

4 マダラ

5 まじないの唄

6 Run Chicken Run

7 Run Run Run


EC#1

トンネル天国

EC#2

Kick Out The Jams



なんとなんとのダブルアンコール
本当にありがとうございました!











ライブの後はそのまま名古屋へ直行しまして
僕が初めて「OKAMOTO'S」として演奏した

名古屋ロックンロールという場所でのライブでした

この日は名古屋のお客さんもとても嬉しい反応をしてくださいまして
初ライブの失態(シールドがバンバンに抜けた)をぬぐえた気がします(気が)

抱きしめるズの皆さんとも色々盛り上がって楽しかったです、また一緒にやりたいですわ!


























話は変わりまして
今年の夏、僕らがなにかの手違いで参加したイベント

「閃光ライオット」のコンピレーションCDが発売されました(らしい)







僕らも30日に頂いたんですが

なんかこう、不思議な気持ちでいっぱいですわ
各バンド音とりなおして、すんごい事になってます

2009年期のファイナリスト陣、いつかまた集結したいもんですねぇ
元気にしているんだろうか?とか思ってしまいます(笑)


でも未だにSaloversとは遊ぶし
挫・人間の下川とは連絡を取り合うし
コッピンの3人はOKAMOTO'Sを見に来てくれたし

関取さんもブライアンもついこの間一緒だったし



ホント
友達が増えて嬉しい!



というのが一番大きいです。閃光ライオット。



ちなみに
僕がコンピでやられたのはconcentrate on poppingですね


すんげぇいいもん




























それにしても
7曲目に入ってるバンドはなんなんでしょうあれは



at 01:06, ハマ・オカモト, ライブ

comments(3), trackbacks(0), pookmark

ポジショニング

 
11/23 
ライブでございました

in 新宿Red Cloth!


お気付きの方もいると思うんですが
OKAMOTO’Sは今月、怒濤のライブラッシュのほとんどをRed Clothでこなしているのです。


今月は5回もやります

毎週出ているんです

しかも聴くところによると、Red Clothが始まって以来、初めての事らしいです(笑)

いわゆる
僕らのホームと言っていいライブハウスですね、、、Red Clothは


僕が加入前から演奏しているわけですから、長い間お世話になっています。



そんなRed Clothで今日もライブでした






-11/23 セットリスト-



1 King Of Indian

2 Beek

3 We Don't Know(The Attack etc...)

-MC-

4 マダラ

5 新曲(New ブギー曲)

6 Run Chicken Run(Link Wray)

7 Run Run Run




とこんな感じでした。
新曲を立て続けにやっております。

なので、今月残りと来月頭のライブに来られるお客さんは
運が良ければ出来かけの新曲を聴けるかもしれませんね、、、(笑)






























かっこよ!




























 


 キースムーンのキメの顔はいつみても最高です。

at 02:21, ハマ・オカモト, ライブ

comments(5), trackbacks(0), pookmark

いかに興味無さそうに弾くか

どうもです。

11/21は夕方頃リハに入りまして

その後あるもののデザインなんかをしまして


その夜
新宿Red Clothにて
「Facing Facts vol.154」という企画に出てきました(深夜イベントでした)


基本的にこのイベントにはバンドの出演はなく


沢山のDJの方々が、踊れるナンバーをかけ続け、みんなで時間を忘れて踊り狂う


という主旨のイベントなんですねぇ


そこに異例のバンド出演となったわけです(笑)






という事で
21日のセットリストはいつもと大幅チェンジしまして

「Facing Factsのお客さんはノリノリにさせよう!」というテーマで組んでみました。




-11/21 セットリスト-



1 We Don't Know(The Attack etc...)

2 Walking The Dog(Rolling Stones etc...)

3 Midnight Icecream

-MC-

4 No Good Without You Baby(The Bird)

5 Have Love Will Travel(The Sonics)

-MC-

6 Memphis Tennessee(Vince Taylor)

7 まじないの唄

8 Run Chicken Run(Link Wray)

9 King Of Indian



※括弧内は演奏の際、参考にしたバージョンを演奏しているアーティスト
またはオリジナルのアーティストです






、、、、
オリジナル3曲のみの演奏でした(笑)

いやー
カバーはやっぱり面白いですねぇ、、、

変な緊張感の中演奏するあの感じ、、、(笑)


もっと沢山こういう機会が欲しいと思った夜でした。


























日付変わって
11/22は渋谷LUSHにてライブでございました。

 N'夙川ボーイズさん達のライブDVDリリースツアーでした。


先に書きますが
とにもかくにも N'夙川ボーイズが格好良すぎました。なんですかあれ。

マーヤさんも
リンダさんも
シンノスケさんも半端ではなかった

良いモンをみた。



-11/22 セットリスト-


1 King Of Indian

2 Beek 

3 新曲

-MC-

4 マダラ

5 まじないの唄

6 Run Chicken Run(Link Wray)

7 Run Run Run



でございました。
この日はなんと新曲の内の一曲を披露。


早すぎだよ。


練習って大切ですね。










そうそう
下北沢Round Upの時
お客さんに



「ベースは独学ですか?」って言われたんですけど



THE SONO TOU RI



でして。その通りですわ。やっぱりバレますね(笑)

まぁ別に全然気にしているわけでもなければ
勉強する気が起こったわけでもないですし
むしろこれが良いと思ってます


でもやっぱり理論って大事そう、、、とかも思ったり、、、


まぁなにが言いたいかって言うと(別に自慢話じゃないんですよ)





「キチンと聴いてくれているお客さんがいるんだな」





という事に感激したわけです。




その時のお客さんは
ライブ見てて

「こいつ絶対自分理論で弾いてやがるな」

と思ったわけですよ、きっとね(笑)



そういうのって嬉しいですわ
ちゃんと見てくれているって事ですからね。嬉しい。




ちなみに今日は



「家でずっと練習とかしてるんですか?」



と言われました



























すいませんしていないです、、、、(笑)

at 03:04, ハマ・オカモト, ライブ

comments(3), trackbacks(0), pookmark

下北沢Round Up!

 やってきました

下北沢Round Up!

僕らは下北沢Club Que推薦枠で出させて頂きました。嬉しい。




ショウもノリノリでした





セットリストは前日と同様で
今日も40分の持ち時間をもらいました!



お客さんも沢山来ていただきまして
気に入ってもらえたらいいなぁ、と
ホントに心から思います(笑)


今日はちょっとブリブリにしすぎたなぁ、と反省(音)



珍しくコウキにも言われましたから


「てめぇしっかり音つくれねぇならやめちまえ!」


と。ね。




それをライブ後
セカイイチの慧さんに泣きながら報告しました、、、、(笑)














そうそう
それでですね
昨日も書いたんですが

この下北沢Round Up!ですが

この企画のパスがですね、これなんですね↓



わかりづらいですが
これ、MEDICOM TOYという会社が出している

「BE@RBRICK」というおもちゃでして

僕はこれが大好きでして(収集癖みたいなもんがあるんです、男の子ですので)

もう、嬉しくて嬉しくて、、、(笑)



しかもこの色は出演アーティストしかもらえないそうです!
チケットを買ったお客さんには

1日目は赤色

2日目は青色

とバージョンが違ったそうな!



欲しい、、、(笑)



という
まぁ
たいしたオチもない話でした。すいませんどうも。(まぁいつもないですが)
























んでまたズバッと話は変わりますが
先日、ずっと探していた本が見つかりまして

これです↓
リットーミュージックから出ていた
ビザールギターの本



いやぁもう興奮の内容ですわこれは
やっぱりEKOのギターは可愛くていいですねぇ、、
とにかく必死だったのが良く伝わってきます、国産ビザール(笑)


その中で度肝を抜かれたのが

「ZENON-ゼンオン-」という日本の会社が出していた楽器なんですが





右下についているインプットジャックのプレート

なにかに見えませんか?
















そう
岡本太郎大先生の作品をモチーフに作ってあるんです!














手に入れなければ、、、、

という不思議な使命感(?)にかられました(笑)

























あ!
もう一つ!、、二つ!


今日ライブのあと何人かのお客さんにとっても良く言っていただきました。

そういうのってとっても嬉しいんで
なにか感想がありましたら、是非直接言ってやってください!よろこびます!


それと今日
帰りがけにですね

偶然
D.Wニコルズのドラマー

オカダリサ氏に久しぶりに会いましたわ。

しかもライブ見てくれていたそうです、、、ビックリ!

ズレテルズでも一緒にやってもらったり
普通にライブ見に行った日に遭遇したり、リサさんとは意外と遭遇率が高いですねぇ(笑)


それにユニゾンの田淵くんもお久しぶりに喋った!

両バンドとも
今後ライブでご一緒するかも!


したら楽しみだなぁ


at 03:49, ハマ・オカモト, ライブ

comments(4), trackbacks(0), pookmark

VOXの車

この曲を聴くとポンキッキーズを思い出しますねぇ (僕と同世代の方ならば) 
それとスチャダラパー!  





















最高。
もういつ聴いても格好良いです。

それにこの曲、実はズレテルズでもやってたんですね、ライブで。
ただもう9割のお客さんは知らないわけで、ぽかーんとされたのを覚えてます(笑)

この曲のベースラインはもう超絶格好良いですよね
(といってもネタ元はKing JamesのI'll Still Love Youですが)
こういう、一度聴いたら耳から離れないベースライン、考えてみたい、、、

※最初のイントロ部分、気分を悪くされるかもです。
 


























白人3人組のファンクバンド 「The Baker Brothers」 
ライブ版も含め、今まで計5枚のアルバムを出してますが 
下の映像「Hold On」も収録されてます 

「Bakers Dozen」

というアルバムが特に好きですねぇ。






こんな格好良いインスト曲も!  


 にしてもライブはサポートが多いですねぇ、、(笑) 
僕はベイカー兄弟ではない、ベースのクリス・ペドリーが好きです(笑)

 ※ギターとドラムがベイカー兄弟!



























という事で今日はライブでした in 新宿Red Cloth

-セットリスト-

1 No Funny Day

2 King Of Indian

3 Beek

4 The ''M'' Song

-MC-

5 Midnight Icecream

6 マダラ

7 まじないの唄

8 Run Chicken Run(Link Wray)

9 Run Run Run


という40分弱なセットでした。
今日は持ち時間が長かった分、NewバージョンのNo Funny Dayや
初お披露目のカバー曲など、バリエーション豊富でしたね。


凡ミスが自分的には気になりますが
それは意識してどんどん無くしていこうと思います。

それに評価も良かったし、CDも売れたし、良かったです。

ライブは良い
毎回課題が出ますからね、勉強になる。




明日は下北沢ラウンドアップという企画の最終日!
会場はClub Queです!

噂によると、この企画のPASSは僕が大好きなモノとのコラボレーションらしく
今から楽しみで仕方ないです、、、


では
またあした!



















































かっ
かっこよ!

at 02:21, ハマ・オカモト, ライブ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

11/7のライブ

 11/7はムーンライツの皆さんが企画したイベントでした

しかもなんと

中高生は無料!


そんな嬉しい条件の効果か、レッドクロスは超満員でした!


いやぁ
一緒に出たバンドさん達も相当凄かった!

普通に
お客さんで来てたら

「良い企画だな」

ってなるメンツでした(笑)



11/7
-セットリスト-

1 King Of Indian  

2 Beek

3 The ''M'' Song

-MC-

4 Midnight Icecream

5 まじないの唄

6 恋をしようよ

7 Run Run Run



持ち時間は25分でしたが
ガッチリ7曲演奏しました。




※恋をしようよ、早すぎだってば




この間の4日間連続ライブが聴いているのか
このセットリストも体になじんで来ています
良い調子、良い調子





そしてそして
OKAMOTO'S話ではないんですが

いよいよ11/11にズットズレテルズの最初で最後になるアルバム

「第1集」が発売されます

※このアルバム名はですね
ゴールデンカップスが2枚目のアルバムから「第2集」「第3集 ブルースメッセージ」と付けている事から、拝借させていただきました。




そんなアルバムですが
発売前に現物を頂いてきましたわ!







このアルバム
果たしてどうなる事やら!

タワーレコードでは11/10に購入できるそうですよ!

at 03:40, ハマ・オカモト, ライブ

comments(7), trackbacks(0), pookmark

温故知新-フィフスジェネレーション-

Ahーーーーーっつ
ようやく4日連続ライブが終わりまして、一段落しています。

カメラの写真を整理してみると、思った以上に写真が少なくてショックだったんですけど
その中から何枚か載せて、ここ4日間を振り返ってみようと思います。


-1日目-
心斎橋クラブクアトロへ


お昼の12時頃東京を出たOKAMOTO'Sご一行は
車内でDA PUMPや広瀬香美をエンドレスで流し、快調に大阪へと向かっていました。

そんな中、途中
海岸沿い(確か静岡だったような)の休憩所に寄った時の写真






海だー!


はしゃいで撮った1枚
※左下に一般の方が写ってしまっています。








「履物がダサすぎる」


と言われ、しょげて1人車内に戻る
※一般の方




そして再び車は大阪へ向かい走り出し
渋滞なんかにもつかまりながら、約8時間かけ心斎橋へ!

余談ですが
長い長い車中、僕らを救ってくれたのは広瀬香美先生でした
(上に書いた文章、冗談じゃありません)

先生の本当に素晴らしい歌声と
たまらないメロ(特にCメロ)
鳥肌の連続でした
あやかりたいです

ポップソングを書き始めたきっかけが

「マイケルジャクソンの映像をみて、この人に曲を書きたいと思ったから」

だそうです


スタートの時点で
マイケルの上に立とうとしていたんです



、、、、素晴らしい






 
 



 

いつ聞いてもいいですねぇ、、、









そしてそして
ひと足先に着いた僕たちは
出番直前の毛皮のマリーズご一行に会いに、心斎橋クラブクアトロへ行きました

ご存知じゃない方が多いと思うんですが
ズットズレテルズの妖精ことヒデちゃん

実は現在、毛皮のマリーズにくっついて
色々なお勉強をさせてもらっている最中なんです



ということで
クアトロにもいました

ヒデちゃん







楳図かずお大好きモードに入っているうちのドラムに落書きされていました。







ボーカルの志摩さんの変わりにヒデさんがサウンドチェック
あまりの身長差に爆笑でした。









そして出番の時間まで(夜中の3時からだったので、、)
「天六マッシュアップ」というお店で超絶美味しい夕食をとりました。

みなさんも、心斎橋近くまで行かれるのであれば
天六マッシュアップさんで夕食を!










そしてそして
美味しいご飯をたらふく食べたあとはクアトロに逆戻り

ステージをこなしました


11/1
-セットリスト-


1 King Of Indian

2 Beek 

3 The ''M'' Song

-MC-

4 まじないの唄

5 トンネル天国

6 Run Run Run


-EC-

Baby Don't Stop


※だった気がします(笑)



心斎橋のお客さんは
時間のせいかなんなのか、とっても楽しそうでした
僕らも楽しく演奏できました。

マーキーさんも最前列におられました(笑)

ちなみにこの日の演奏はラジオで生放送だったそうです。



この日は閃光ライオットで知り合ったUNDER NINEやBrian The Sunも見に来てくれたり
黒猫チェルシーと梅田AKASOぶりの再会を果たしたり

ザ・ビートモーターズのジョニー柳川さんに「ブログ見てます」と言われたり

もういろんな人にあって、くっちゃべって、楽しかったです。








-2日目-
そしてライブ後
OKAMOTO'Sはそのまま名古屋に出発
しっかり睡眠をとって、名古屋アップセットという所でライブでした。


ズレテルズをやっていた時に新宿レッドクロスで対バンした事のある
「踊ってばかりの国」というバンドとOKAMOTO'Sとしては初の対バンでした。


踊ってばかりの国のスズメくん(ベースボーカル)には僕の楽器を貸した経験もあって
メンバーの皆さんともすんなり仲良くなれました。


リハ後は名古屋の街を2バンドでブラブラしたりしましたよ。おもろかった。



11/1
-セットリスト-


1 King Of Indian

2 Beek 

3 The ''M'' Song

-MC-

4 マダラ

5 まじないの唄

6 恋をしようよ

7 Run Run Run


※だった気がします、、



セットリストを固めた事が吉と出たようで
どんどん調子が上がってきている様に感じ取れました
(小さいこと言い出したらキリないですが)

相変わらず「超」がつくほど早い「恋をしようよ」

僕の指的には名古屋で終わりにしたかったのだが、、、、








-3日目-
地方が終了し
お次は吉祥寺にて、堂島孝平兄さんのイベント
サモ・タノシゲーナでした。

この日はオープニングアクトとして出させて頂きました


11/2
-セットリスト-


1 King Of Indian

2 Beek 

3 The ''M'' Song

-MC-

4 まじないの唄

5 恋をしようよ

6 Run Run Run


※きっとそうだったと信じたい



高速バージョン再び、、、、、、(笑)
ショウのダンスに爆笑しているお客さんを目の前に
この日はかっちりと演奏しました。


その日のライブの最後は
出演者全員でのセッション!

僕の前には東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション
大森さんがいまして

大興奮でした、、、

高校時代が蘇る、、(スカパラやってたんです部活で)

もちろんの事楽しく演奏できました
やっぱり堂島さんは凄い人です。


※あとから深夜の部で「ナイトグライダー」やったと聴いて大ショック。聴きたかった、、












-4日目-
そしていよいよ最終日
渋谷のDUOにてライブでした。

凄いメンツの凄い値段のイベントでした(笑)



-楽屋として利用したスペース-




-わぁお!!!-




-ぎゃー!!!-




-なんと!!!!!OBEN-TOUまで!-
※こんな写真ばっかりですいません、、、






ライブは
コレクターズの皆さんが1番手(まさかの)だったんですが
もうびっくりでしたねぇ、、
かっこよかった。





そしてこの日も黒猫チェルシーご一行と一緒だったんですが

歳が一緒で、こんなに一緒になるとですね

そりゃぁ自然に仲良くなってくるもんで

基本的にしゃべくってました。

彼らと一緒にツアーなんて回れたら素敵だなぁと思います

「やりたいよね!」なんて会話もボーカルの大知としました。



11/3
-セットリスト-


1 King Of Indian

2 Beek 

3 The ''M'' Song

-MC-

4 マダラ

5 まじないの唄

6 恋をしようよ

7 Run Run Run


※のはず。次回からメモります。



またもや高速バージョンです。
良くも悪くも印象付ける事ができたんではないでしょうか?と言った感じです。
結構弾きました、ブンブンと。


クアトロの時もそうだったんですが
アンプがAmpegの2-PROでして、結構使いやすくて大助かりでした。


そうそう
この日、黒猫の宮田岳(がっちゃんと周りは呼ぶ)がまたベースを壊し(ボディが折れてとれた)
心底すごいなぁと思いました。スピッツの田村さんも壊しはしないけど、投げますよね。

僕絶対無理ですもん、尊敬します(笑)


























今回の四日連続ライブは凄くためになりました。勉強になりました。
そしてなにより楽しかった!!!

では、ここまで書くのにめちゃ疲れたので

また今度!!


at 21:29, ハマ・オカモト, ライブ

comments(2), trackbacks(0), pookmark