<< GO! GO! JAPAN その2 | main | バトルオブスピリッツステゴロファイティングマッチマスターオブビースト >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

GO! GO! JAPAN

 どうもこんばんは。

僕はいま沖縄でこのブログを更新しています!

12/11はKick Out The Eyesツアーの最終日!
桜坂セントラルで真心ブラザーズをゲストにお迎えしてやります!
良い締めくくりになると良いですねぇ、、、!気合い十分で臨みます。

今夜は前乗りし、桜坂劇場で行われた真心ブラザーズの弾き語りツアーを観に行ってきました。
2人であのパワー、、、さすがっす。
明日のライブに向けて、良い充電になりました。



さてさて
ベトナムで行われたイベント出演から帰国してからというもの、随分長い間このブログを放置していたので
今日こそはベトナムの事をまとめようと思い、いまこうしてキーを叩いているわけです。

''Japan Foundation''と''CAMA''という2つの団体の共同企画で行われた今回のイベントは
タイトルも ''GO! GO! JAPAN'' とあるように
ベトナムに日本の音楽や文化を伝える為に開かれた音楽イベントだったのですが
それはもうとてもとても大きなイベントでした。

お客さんも現地の人が大多数でビックリ!
今まで見た事無いぐらいの盛り上がりを見せてくれました。


OKAMOTO'Sはイベントのトリを務めさせてもらったのですが
なんとイベントのフライヤーにも僕らの写真が大々的に使われているという話を聞きまして
現地に着くまでメンバー全員とても楽しみにしていたんですね。
しかし、その楽しみにしていたフライヤーに、到着早々ボディブロウを喰らうハメになったのです、、、、。




まずはフライヤーをお見せする前に
OKAMOTO'Sのおさらいからしましょうかね、みなさん。





1番右でギターを構えている彼が、ギターのオカモトコウキ
中央でシャウトしているのが、ボーカルのオカモトショウ
その後ろで片足を上げてドラムを叩いているのが、ドラムのオカモトレイジ

そして
左にたたずんでいるのが、このブログの筆者でもありますベースのハマ・オカモトです。








みなさん、これで顔と名前は覚えて頂けましたかね?

あと、突然ですけどベースって大事ですよね?





それでは、その問題のフライヤーを見て頂いてから
ベトナム珍道中ブログを始めようと思います。

あえて、そのフライヤーにコメントはつけません。
カギかっこの空白は、あなた自身で埋めてみてください。
新しい世界が、きっと見えるから。























「                                    」

























というわけで!!!
今回も写真メインで更新していきますよー!!!
イエーイ!!!!!!!!






「久しぶりのベトナム、喜びでアゴが伸びてしまったオカモトレイジくん(20)」


























「ホテルの廊下がワインセラーになってました」

























「お気に入りの''からし色携帯''で嬉しそうに写真を撮るPAのタルさん」


























「髪の毛も''からし色''」

























「ベトナムの道路はバイクの波が押したり引いたり」

























「キティちゃんを海苔で巻くのが、最近のベトナムじゃナウいらしい」


























「ドーピングの疑いがあるよ」

























「外側が良いよね!いいね!」

























「''#1''にはどういう意味が込められているのでしょうか」
























「夜は出演者揃ってベトナム居酒屋で会食 コオロギを食べました」


























「前回もお世話になったエリオット氏(写真左)とその友人と英会話するPAのタルさん」

























「伝わらない、もしくは意味がわからない時は、顔面だけでうまく誤摩化します」


























「それでもダメな時は、出ました''必殺魔女スマイル''」

























「タルさんの英語力にエリオット氏もタジタジ  アゴが伸びてしまいました」

























「突然、度数の強いお酒に、タルさんが挑戦すると言い出しました 頼んでないのに」

























「結構な強さだと言う事が、この表情から読み取れます」

























「暫くすると、苦しみだしました」

























「タルさんはどこかにいってしまいました」

























「なんとか戻ってきたタルさん、お店のお姉さんと謎の記念撮影」


























「お姉さんに頼まれ、フライヤーにサイン 調子にのってタルさんもサイン」

























「''Taru''という安易なサインの上に書いてある渦は、本人曰く ''髪の毛'' なんだそう」

























「翌日の朝、会場へ でかい! 」

























「SWRのヘッドにAmpegのキャビ(4発) なかなか無い組み合わせ」


























「客席からはこんな様子 とにかくでかい!」

























「リハーサルも順調に終わり、本番までの時間をUNOに費やすレイジくん」

























「ホテルのロビーにて、楽しそうになにかを見つめる2人」

























「大きなミル貝でした」

























「本番前の腹ごしらえにKFCへ潜入 いつもの様に満足げな表情です」

























「本番直前、舞台裏にタールネーターが現れました」

























「現地の子供に撮影されていました」

























「本番無事終了! 夜は24時間やっている屋台街でフォーを食べました。T.Iと」











〜〜〜下の記事に続きます〜〜〜〜

at 01:17, ハマ・オカモト, ベトナム

comments(9), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 01:17, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
しろねこ, 2011/12/11 8:15 AM

>あと、突然ですけどベースって大事ですよね?

ウケましたw

ベトナムお疲れ様です。
年末のradio crazyが今から楽しみで仕方ありません。

リンゴ, 2011/12/11 8:28 AM

フライヤーひどい!
でもウケましたw

きみきみっきー, 2011/12/11 1:44 PM

Taruさんとお友達になりたくなってきました(笑)

のりたま, 2011/12/11 2:08 PM

ベースは大事。文才のあるハマ君は、OKAMOTO'Sに必要不可欠(^^)

きのこ, 2011/12/11 9:21 PM

今回もたくさんの写真と面白い文章で楽しませていただきました!(笑)
ハマくんのレイジくんとたるさんへの愛を感じますね…!!
私的に屋台でフォーを食べてる写真がツボでした(笑)
ウーシオ氏がめちゃくちゃかっこいいし、キーコーは何だか面白いし(笑)、T.I氏の表情もツボです!

OKAMOTO'Sはほんとに4人あってのOKAMOTO'Sですよね。
これからもずっとずっと応援しています!オカモトズ愛してる!!

ライブに行きたくてたまらないです。

mmj, 2011/12/12 11:25 AM

昨日の沖縄ライブ行きました!
ハマさんの目の前にいた高校生3人の中の一人ですー。
OKAMOTO'Sを生で見るのは初めてだったのですが超楽しかったです!
ハマさんのベースやばかったです!
また沖縄来てくださいねー!
次は手踊りしてください★笑

ナオカモト, 2011/12/13 12:01 AM

いやー久々にハナ笛が「ピヒィー!」って鳴る程吹きましたよ。パンチ効いてますね、フライヤー。プフッ。
大丈夫、4ピースでなければOKAMOTO'Sではありません

くま, 2011/12/14 4:41 PM

たっ…タルさん笑

ベースは必要ですよ(^_^)
誰も欠けちゃ駄目です(*´▽`*)

4人でOKAMOTO'Sですよ(≧∀≦)

HAL, 2011/12/14 9:21 PM

ひとりぽつんとはずれてましたものね。
今後アー写をとるときは、A4縦レイアウトにもおさまるように構図を決めましょう。

あー笑った!!!










trackback
url:http://iko-ago-hike.jugem.jp/trackback/228