<< アゲハでのDJを経て | main | さて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

完全にベース目線「10'S楽曲別解説 A面編」

 どうもどうも。

さてさて、最近キチンとブログを更新出来ていない罪滅ぼしに
先月無事に発売された
アルバム「10'S」の楽曲別解説(完全ベース目線)をしようと思います。

インタビューでも多々答えているのですが
このアルバムには「A面」「B面」が存在していまして

5曲目までが「A面」
6曲目からが「B面」

というコンセプトで作ったわけです。(その辺も意識して聴いていただくと面白いかも)
今回は「A面編」という事で、5曲目までを解説して行こうかな、と。
この記事の反応で、B面編を書くか書かないかが決まるかも、、、?(笑)



では行きましょうかね
みなさん「10'S」をすぐに再生出来る環境は整ったでしょうか?

ヘッドフォンで
イヤホンで
オーディオスピーカーで
DVDプレーヤーに入れて、テレビのスピーカーで
(テレビで聴くと新鮮だったりするCDも多々)

聴く準備はできましたか?(大袈裟なんで気にしないでください 笑)




1 スマッシュ

という事で、一曲目の「スマッシュ」ですが
アルバム収録曲の中では一番新作(というか、これ以外はなかなか古い曲が多い)だったわけで、そういう意味では今の4人で作った完全オリジナル曲とも呼べるでしょう。

私的には、、、やっぱりAメロですかね、ポイントは。
疾走感のある曲なので、ベースラインもそんな感じにしました。楽典わからないけど、、。

僕個人(ベース)としては、音数の少ない曲ですね、珍しく(笑)
サビなんて、ホントに「☆ザ・ベースの基本☆」みたいな、、(笑)





2 Beek

はいはい、Beek。
僕がOKAMOTO'Sに加入するにあたり、一番神経を使った(今現在もです)曲の1つ。
この曲跳ねてますからねぇ、やっぱし難しいんですねぇ。

レコーディングでの話をしますと、この曲はスタジオにたまたまあった
「Fender Bassman」というアンプを使って録りました。
使った事がなかったので、無理を言って試させて頂いた所、ミドル寄りの粘っこい音が作れたので、そのままレコーディングに突入(笑)

OKAMOTO'Sの楽曲の中でも
この曲は一番「アドリブ感」みたいなものを必要とする曲なので(私はそう思っています、勝手に)ラフさを大事に録りました。だからヨレてたりなんだりはご愛嬌です(笑)

個人的に思い入れの多いこの曲、聴き所はですね
ズバリ、コウキくんのギターソロ真っ最中の所です(笑)

ギタリストがギターソロを弾いているにも関わらず
それを喰ってやろうとしているベーシストの演奏が聴けますよ!(笑)
みなさん、是非一度、ギターソロ中のベースに耳を傾けてやってください!





3 Baby Don't Stop

この曲で使用したアンプは、アキマ氏制作の「ワイルドベース」というアンプ。
他の曲に比べて、明らかに音がワイルドでしょう?(笑)

少しドライブ目の音色が、この曲のベースラインにはピッタリだったので使用しました。
1stアルバムにも入っている曲なので、全体像は変えずに、僕なりに消化した演奏を心がけました。

特に覚えている所は
アウトロの部分が寂しかったので、ちょっとでしゃばり目に弾いた所ですかね(笑)
ライブでやり出した時から「アウトロ寂しいなぁ」と思っていたので、、、つい。

シンプルでわかりやすい、ロックロックな曲ですよねぇ。





4 おやすみ君のこと

アルバムを聴いていて、この曲が流れてきて、皆さんビックリしたんではないでしょうか
僕らもビックリしました、この曲が出来たときは(笑)

この曲が出来た当初

「これはセットリストには入れないでしょ?(笑)」

みたいな扱いだったのですが、いつの間にかアルバム入りする事に!
出来た当時は、イントロ部分を「クリスマス」とか呼んでた記憶が、、(笑)

この曲の聴きどころ、というか、録っていて凄い思ったのが

「こういう曲って難しい」って事(笑)

単調な楽曲ほど、難しいもんなんですねぇ
実感させられました、おやすみ君の事に(笑)






5 The Kids Are Alright

はい、3曲あるカバー曲の中の1曲です。

アルバムが発売してから、何人かの方に

「なんだ、オリジナルのまんまじゃん!!」

ってな感じで感想を頂いたんですが、その通り!
元々、原曲から大きく変えようとはさらさら思わずに録りました(笑)

もちろん、歌や各々の演奏は「完コピ」ではないですが
原曲の格好良さを、僕らなりに伝えられたらいいなぁーなんて想いながら録ったわけです。

なんてったって、原曲がカッコイイですからね
原曲のベース、すんごいボーボーいってますからね(笑)

僕らバージョンとThe Whoバージョンの大きな違いは(いっぱいあるけど)
やはりコーラスで参加して頂いた、うつみようこ姉さんではないでしょうか?
うつみさんのコーラスのおかげで、格好良さが何倍になってるかわかりません(笑)

コーラス入れ聴いてて鳥肌立ったもんなぁ、、、

あ、ベースはね
ちょい跳ね気味に弾いてますー
よろしくですー(笑)

























という事で、A面の解説をしましたがいかがでしたでしょうか?
というか、なにか聴きたいことがあればドシドシコメント待っております!
その方が書きやすいかもしれないですしね。
聴いていて気になった部分や、質問なんかがあればお答えしますよ!!

では
みなさんの反応を待ってます!(笑)







at 20:27, ハマ・オカモト, 完全にベース目線 ''10'S'' 楽曲別解説

comments(12), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:27, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
琥哩簾, 2010/06/10 9:43 PM

正直に言っちゃってもいいですか?
Beekに関して、最初のベースの入り方がCount1000EPの方が好きなんです。
あのベースの入り方が最高にかっこよくて。

蔵, 2010/06/10 9:54 PM

はじめまして、こんばんは!
自分は当事、メスカリンドライヴの野音で鳥肌立ちましたヨ。
初めてOKAMOTO'Sを聴いた時に、僭越ながら
「あの頃のあの人達と出会わないかなぁ」と思っていたので
一緒にお仕事されてて、変な感動がありました。
10'S聴かせていただきますね!

みしえる, 2010/06/10 11:17 PM

はじめまして!
いつも拝見しています。

曲解説、面白いです。
機材や弾き方のお話は初めて耳にするワードばかりで
凄く興味深いです。

そんな素人の私は
「おやすみ君のこと」がとてもとても好きです。

c, 2010/06/11 3:27 AM

解説見ながら聴くと楽しめます〜。
私も上の方と同様、BeekはカンセンVerの方が好みだったりします。
(もちろん10'sの方も好きです!)

個人的にB面の方が好きなので是非解説お願いします!

kako, 2010/06/11 2:18 PM

コウキ君の解説がよかったので、ハマ君の解説も聞きたいと思っていたところでした。

BeeKのベースが大好き、ギターを喰ってやろうとしているところ(笑)、特に好き。

おやすみ君のこと、は幅広い人に好まれそうな優しい曲ですね、カラオケで歌いたくなるような。

マダラ、が好きなので、B面の解説も引き続きよろしくお願いします。あ、コーラスのこともよろしくです。


なちこ, 2010/06/11 5:33 PM

解説とともにA面聴き終わりました。
「スマッシュ」はやっぱり最初か〜って。
「Beek」の入りに関しては私も「1000EP」Verの方が好みです。
「どやっ」的とでも言いましょうか?
「おやすみ君…」はこれに入ってることには驚かなかったですよ。
これも「OKAMOTO'S」な曲だと思いますし。
「Baby Don't Stop 」、これと「Beek」の順番は逆の方が好きかも。
余談ですが、両曲ともわが家の超ヘビロで、
あとB面「マダラ」をガンガン聴いてスッとしてます。

こんな感じでいいでしょうか?
ぜひB面もお願いします。

y, 2010/06/11 11:35 PM

なるほどー。もっと機材の説明してください!
B面もよろしくおねがいします1

koto, 2010/06/12 12:57 AM

Beekの、ギターソロのあとのベースソロ?的な所がすごい、好きです。ライブの時必ず「ふぉー!」ってなります。笑
イントロの入りの部分はわたしもエビ盤のが好きです・・・まあカッチョイイことにはかわりはないんですけどね!!

Baby Don't Stopのアウトロはマジでヤバイですね。ゾクゾクします、鳥肌モンです!


こういう解説があるとまた違った角度から曲が聴けるので二度美味しいというか・・・ウレシイです!B面解説も楽しみにしてます!!

む, 2010/06/13 9:11 AM


便乗させていただきたく…
Baby,Don't stopは
10'sより
Here are....のが
好きです!!!

なみ, 2010/06/13 12:08 PM

いいですね〜(^_^)
また、違う聞き方が出来て楽しいです♪♪
忙しいと思いますが、早くB面編書いていただけると嬉しいです♪♪

723, 2010/06/13 4:35 PM


曲解説すごくおもしろい!

アスカ, 2010/06/14 12:04 AM

こういう解説を意識しながら曲を聴くと、より曲を楽しむことができるので嬉しいです。
B面も是非ー!










trackback
url:http://iko-ago-hike.jugem.jp/trackback/126